Status Updates

九月, 2021

Jump to

2021年9月23日

今週の更新情報

DAEDALUS 

今週は、非パブリックテストネットへのハードウェアウォレットサポートの追加に取り組み、ウォレット設定画面にハードウェアデバイスのペアリング解除を加え、Trezor接続の依存関係を更新しました。また、アプリケーションの日本語コンテンツを修正し、USBデバイスとDaedalusの接続に関する不具合を修正しました。

ネイティブトークン専用画面の実装を始め、cardano-nodeのスタートアッププロパティの改良を継続しました。

ネットワーク

今週は、拡散シミュレーションとプルーニングテストへの取り組みを続けました。また、未処理であった不具合の解消に取り組み、P2PノードのIPv6サポートの実装を進めました。

CARDANO分散化

今週は、ノードv.1.30.0リリースのベンチマーク作業を続け、Plutusペイロードベンチマークと照合しました。また、トランザクションジェネレーターで欠如しているトランザクションwitness問題の解消に取り組み、trace-dispatcherとtrace-forwardのキュー管理プロパティを確認しました。

cardano-tracerのトップにRTViewを移植する作業を続け、台帳にハッシュの改良を移し、チェーン同期ベンチマークのインフラの仕上げに取り組みました。

GOGUEN

今週Plutusチームは、Plutusアプリケーションバックエンド(PAB)のウェブサーバーAPIにSwaggerサポートを追加しました。また、エンドポイントのSecretArgumentsを使ってSecret型を実装し、台帳インターフェイスの新バージョンへの取り組みを始めました。ノードクライアントのクリーンアップを実行し、ウォレットバックエンド統合のハウスキーピングを行いました。さらに、ChainIndex設定処理の改良に取り組み、Cardanoサミットの資料を準備しました。

MarloweチームはMarloweウェブサイトと、Marlowe Runのカード、Marlowe Runのサポートドキュメントに取り組み、LAXコントラクトに関する作業を続けたほか、適用性に関する不具合と、関連するテストについて調査しました。また、サミットの資料の準備も行いました。

2021年9月17日

今週の更新情報

DAEDALUS 

今週は、メインネットとテストネット、そしてFlight用のDaedalus v.4.3.1をリリースしました。これは、Alonzoサポートと、改良されたUI、強化したトランザクション管理、予定されているTrezorファームウェア更新のサポートなどの機能を搭載しています。

ネットワーク

今週は、ノードv.1.29のトップにP2Pマスターブランチをリベースしたほか、プルーニングテストの設計、シミュレーション検証の改良、拡散シミュレーションへの取り組みを継続しました。

CARDANO分散化

今週は、ノードv.1.30.0-rc1ベンチマークへの取り組みを始めたほか、トランザクションジェネレーターのパフォーマンスプロパティを調査し、未処理であった不具合を解消しました。trace-dispatcher機能をライブ再設定の観点から見直し、trace-forwardのキュー管理の更新を実装しました。これは現在レビュー段階にあります。

ベンチマークのインフラ作業を継続し、クラスターおよびメインネットのプリセットメカニズムを含むチェーン同期ベンチマークを提供できるよう、拡張機能を実装しました。ノードの型メカニズムとプロキシノードを一般化して、ジェネシスキャッシュエントリーのバージョン管理を全般的に向上させました。

CLI内のオプションデータムに取り組み、最小UTXO要件計算およびその他のCIの不具合を修正し、ミントドキュメントを更新し、リディーマープロパティを改良しました。

GOGUEN

今週Plutusチームは、Alonzoプロトコルアップグレードをリリースし、Plutusスクリプトを統合することにより、待ち望まれていたエキサイティングな機能をCardanoにもたらしました。スクリプトにより、Cardanoにスマートコントラクトが実装され、新たに分散型アプリケーション(DApp)の幅広いユースケースが初めて可能になります。

またここには、修正、添付資料、パフォーマンスの向上、ノードクライアントのクリーンアップも含まれます。

Marloweチームは、チュートリアルのドキュメントを更新しました。その他、ゼロクーポン債の契約に関する不具合を修正し、ANN(年金)の結果を検証し、ACTUS実装をリファクタリングし、LAXコントラクトへの取り組みを始めました。Marlowe RunデモをPlutusアプリケーションバックエンド(PAB)に接続した際に生じた複数の不具合も解消しました。

2021年9月10日

今週の更新情報

DAEDALUS 

今週は、Alonzo対応のDaedalusリリースに向けて、ハードウォレットの不具合の修正に集中しました。

ADRESTIA

今週は、Daedalusでハートウェアウォレットを使用してトランザクションを送信する際に生じた不具合を解消しました。また、この修正を含むcardano-wallet更新版、Plutusスクリプトをサポートするためのメタデータツール更新版をリリースしました。

現在は、スマートコントラクトとPAB統合に必要な変更に取り組んでいます。

ネットワーク

今週は、接続プルーニングのテストを進めました。シミュレーション環境のネットワークの不具合を修正し、インバウンドのガバナーテストのトレース検証を拡張しました。現在は、メインネットのAlonzoハードフォークに先立ち、マスターのトップにP2Pブランチをリベースする準備をしています。

DEVOPS 

今週は、Alonzoハードフォーク更新提案を送信しました。これは、日本時間9月13日06:44:51に発効し、メインネットにAlonzoを配信します。

その他、GraphQLスタックのフレークに関する作業を再開し、新たにリリースされたERC20コンバーターバージョンを統合し、別のインフラストラクチャーのプロビジョニングを続けました。

CARDANO分散化

今週は、Alonzoのベンチマークアクティビティに取り組みました。v.1.29のベンチマークによるとv.1.27以降に大幅なパフォーマンスの低下は見られず、ハードフォークシミュレーションでもリソース使用量の低下は示されませんでした。関連するPlutusワークロードアクティビティについて話し合い、UTXOサイズ対Daedalusリソース使用量の調査についてQAチームとの共同作業を続けました。

トレースジェネレーターのパフォーマンスを強化し、UTXOのwitness欠陥問題を発見し、これを解消し、内部クリーンアップを行いました。

ノードのログインフラストラクチャーの書き換えを進め、trace-dispatcherのレビューとテストを始めました。マルチスレッドトレースおよびランタイム認識をテストし、Cardanoトレーサーをレビューによる提案に基づきリファクタリングおよび簡易化し、trace-forwardキュー管理のための初期ケースの実装を始めました。

RTViewの作業は進行中で、Cardanoトレーサーの移植を開始しました。

Marlowe Runのブロック境界リソース使用統計およびPAB接続を強化するために、ベンチマーク分析を改良する取組みを始めました。

GOGUEN

今週Plutusチームは、同期の問題を解消し、チェーンインデックスを強化して更新しました。また、Plutusスクリプトのコストとサイズを分析し、全般的なパフォーマンスを改善したほか、Plutusドキュメントとチュートリアルの更新も行いました。

Marloweチームは、ANN(Annuity)の実装作業を続け、NAM(Negative Amortizer)プロパティを検証し、いくつかのリファクタリングを行いました。Marlowドキュメントをレビューし、Marloweウェブサイト用の動画を録画し、一部のステージングデプロイを自動化しました。Marlowe Runウェブサイトの分析を設定しました。

2021年9月3日

今週の更新情報

DAEDALUS 

今週は、Alonzoテストネット用のDaedalusバージョン、v.4.3.0をリリースしました。ここでは、望ましさパラメーターを使用してステークプールのランキング機能を改良し、現在は、QAテストを行っています。 カスタムブラウザープロトコルの実装作業を継続しました。

ADRESTIA

今週は、テストネットでのAlonzoハードフォークに向けて、Adrestiaコンポーネント(cardano-wallet、GraphQL、Rosetta API、cardano-explorer-app)をリリースしました。ネイティブトークンをミントするPlutusスクリプトをサポートするためにメタデータツールを更新、テストし、cardano-rosettaにCatalyst投票サポートを追加しました。

現在、担保、コイン選定の更新、手数料計算など、スマートコントラクトに必要な変更に取り組む一方、修正や最適化の実装を行っています。

ネットワーク

今週は、既存のネットワークコネクションの受け入れに関するさまざまな不具合を解消し、ノードとの接続性を強化し、Alonzoに見つかった「クエリチップ」バグを調査しました。

DEVOPS

今週はAlonzoテストネットアップグレードを台帳にデプロイし、メインネットハードフォークの準備に勤しみました。ERC20コンバーターをノードv.1.29.0とウォレット最新バージョンで機能するようにアップデートしました。ネットワークでNixOS画像を提供するためにipxedに取り組みました。

ERC20コンバーター

今週は、ERC20コンバーターの社内最終テストを終えました。これは、今週Alonzoテストネットのハードフォーク後にデプロイされた最新ノードでテストしています。現在はテストネットへの配信に先立ち、、SingularityNETへコードを提供し、同社の環境での最終査定と本番環境への準備を整えています。更新情報は追ってお知らせします。

CARDANO分散化

今週は、Alonzoテストネットのベンチマークアクティビティの実行を始めました。自動プロフィールステートメントの挿入を進め、コンパイラーとlet-floaterの不具合を修正し、コストモデルパラメーターに関する新しいドキュメントを追加しました。

Hydra開発作業も進めました。コーディネートされたヘッドプロトコル内のさまざまな不具合を修正し、3つのローカルHydraノードのクラスターでベンチマークの負荷テストを実行しました。

GOGUEN

今週Plutusチームは、Plutusアプリケーションバックエンド(PAB)とチェーンインデックスの更新に取り組みました。plutus-tx、plutus-ledger、plutus-ledger-apiに不足していたヘルパーを追加し、同期の不具合を解消しました。

MarloweチームはMarlowe Runクライアント内のカードと、Marloweコントラクトのエラー処理に取り組みました。Marloweチュートリアルとドキュメントの更新も行いました。